アシガルデザインのホームページ

アシガルデザインのホームページ

買物した後に「出口までお待ちします」と言って見送る洋服屋さんについて

miokuri
小売店でお客さまを見送るのは逆効果

この本はマーケティングやモノを売るための小技がたくさん散りばめられているなかなかおもしろい本でした。その中でも私が中で1番おもしろいなと思ったのは、《小売店でお客さまを見送るのは逆効果》という項目のお話です。

私はこれを読んで今までモヤモヤしてきたものがスッキリしました。

洋服を売っているお店で会計が終わった時にレジのところで、「出口までお持ちします」って言われて見送られる事よくありますよね?私はコレになんとも言えない違和感を感じていたんです。別にそこまでしなくてもいいから、みたいな。丁寧すぎて逆に困るから、みたいな感じです。

だから、レジのところで「ここでいいですよ」ってやんわりとお断りするようにしています。

でも、せっかく一生懸命、接客してくれてるのにあえて断るのもナンだなぁ・・・とか感じたりして少しめんどくさい感情になるんです。

買い物をしたお客さんを追い出してはいけない

そんな私の違和感をこの本はマーケティングの視点でスッキリ解決してくれました!どういう事かというと。この本に書いてあるには、

“買った後も店内を見てもらった方が、絶対に消費単価が上がるから、見送って買い物をしたお客さんを追い出すような事はしてはいけない。”

“買った後が1番大切な時間で、落ち着いた気持ちで改めて店内をゆっくり見て回ると、今まで目に入らなかった商品に出会えるかもしれない。”

理由は、その店で買い物をした後は「もう私はお客さま」という、スタッフより心理的な立場が上になるから。そんな時にレジから出てきてお客さまを出口まで見送ることは、せっかく消費意欲が高まっている人を、追い出す行為になる。

「滞在時間と消費金額は正比例する」というマーケティングの法則からしても当てはまらない。

 

との事です!

だから、私はただなんとなく違和感を感じていましたが、マーケティング的にもやらない方がみたいです。

 

同じように思ってる人結構いますよ〜!