「真面目さ」「礼儀正しさ」よりも仕事で大事だなと思うこと - ASHIGARU DESIGN(アシガルデザイン)

アシガルデザインのホームページ

アシガルデザインのホームページ

「真面目さ」「礼儀正しさ」よりも仕事で大事だなと思うこと

最近、仕事をしていて感じることがあります。

特に、会社の担当者の方に多いです。

 

 

一緒に仕事をする上で大事なことって

真面目さとか、礼儀正しさよりも

「熱意」とか「迫力」とか「気遣い」

だということです。

 

これらがあれば

真面目さとか礼儀正しさっていらないと思います。

 

真面目で丁寧な完璧なメールの文章を送ってきても

「熱意」「迫力」「気遣い」が感じられないメールは

「よし!この人(この会社)の為に

いい仕事しよう!」

みたいなモチベーションが湧いてきません。

お金をいただいているので

どの仕事も一生懸命やるのは当たり前なのですが

やっぱり人なのでそういうのはあります。

迫力と熱意のある人と仕事をしていると

突き動かされるものがあります。

 

必ずプラスアルファがあります。

それは形となって表れることもありますが

目に見えないところかもしれません。

 

言葉使いなんて多少ぶっきらぼうでもいいと思います。

かしこまってキレイなビジネス用語や丁寧な言葉を使って

話したりメールを書くよりも

熱意と迫力のあるオーラを全面に出す方がいいと思います。

 

いろんな仕事のスタイルの人がいると思いますが。

私はこのように思います。

そういう仕事をしたいです。

 

おしまい