アシガルデザインのホームページ

アシガルデザインのホームページ

YouTube子ども向け動画では稼げなくなった!

acg_blog_header

先月YouTubeで子ども向けコンテンツの規約が変更されたことによって

子ども向けコンテンツには広告が付かなくなる。

そしてユーチューバーが稼げなくなる、という事が

話題になっていたので自分でも調べて見ました!

 

 

まずキーワードはこれです!

1.児童オンラインプライバシー保護法
COPPA法(Childrens Online Privacy Act)
「コッパ」と読みます。

 

2.アメリカ連邦取引委員会
FTC(Federal Trade Commission)

 

3.パーソナライズド広告の停止
(YouTubeで表示される広告の大部分はパーソナライズド広告)

 

このキーワードを使って超簡単に説明すると

 

YouTubeがCOPPA法(児童オンラインプライバシー保護法)に違反しているとFTC(アメリカ連邦取引委員会)から指摘があった。

 

理由は保護者の同意無しに子どもの個人情報を収集して

パーソナライズド広告を出しているから。

YouTubeを運営するGoogleが和解金 約170億円をFTCに払った。

 

そして今後は子どもの個人情報を収集しない事や

子ども向けコンテンツにパーソナライズド広告を表示しない事を約束した。

結果、子ども向けコンテンツで収益をあげていたYouTuberが稼げなくなる。

 

という事です!

 

ちなみにここでう子どもとは13歳以下(小学生以下)。

 

 

おまけ情報ですが

TikTokも同じ理由でFTCに和解金 約6億円を払っています。

YouTubeだけに起きたことではなくて

インターネット全体的に子どもを守ろうという動きが強く出てきている

ということなんだと思います!

 

ちなみにYouTubeは

子ども向け動画自体がダメと言っている訳ではありません。

YouTubeKidsというモノを用意してくれています。

 

YouTubeは中学生以上

YouTubeKidsは小学生以下

 

という使い分けになっていくと思います。

 

 

という事で

これから広告収入を得るためにYouTuberになるには

中学生以上をターゲットにしなければいけません!

 

 

以上!