アシガルデザインのホームページ

アシガルデザインのホームページ

CPUの性能スペックを数値化&比較できるサイト

acg_blog_header

Macのノートが古くなってきたので

新しく欲しくなりネットで物色してました。

そしたらCPUの違いがよくわからなくて・・・

調べてみると

CPUの性能を数値化してくれるサイトがあったので

紹介します!

 

CPUの違いって超分かりにくいですよね

Intel Core i5

Intel Core i7

Intel Core i9

これだけ見ると

数字が大きい方がハイスペックだという事は想像が付くのですが

そんな単純に判断ができないのが厄介なところ・・・

Intel Core シリーズの世代やクロック数、コア数、スレッド数

などで性能は大きく変わってきます。

 

そこで見つけたのでこちら!
▼CPUベンチマーカーです!

CPUの性能を数値化してくれます。

ご覧ください。

https://www.cpubenchmark.net/high_end_cpus.html

CPUの名前と点数が書いてあります。

score

これ超使えますよ!

 

CPUベンチマークの使い方

使い方は、まず

自分のCPUの名前を調べます。

マックで解説します。

Launchpad>ターミナル

dock

 

↓ターミナルで以下のコマンドを打つと、調べることができます。

 

sysctl machdep.cpu.brand_string

 

例えば私のiMacだとこれです。

 

「Intel Core i5-9600K @ 3.70GHz」

 

次にCPUの名前をGoogleで検索します。

 

cpubenchmark.netの検索結果が出てきますのでそのページを開きます。

 

benchCPU

 

(英語のサイトなので日本語訳設定にするといいです)

 

そうすると〜、CPUの点数が出てきます。

10880

その次に

 

https://www.cpubenchmark.net/high_end_cpus.html

 

こちらのページで

 

点数の順位を確認して他のCPUと比較します。

 

CPUが数値化されて相対的に評価できるのでとても分かりやすいです。

 

ちなみにこの点数、

 

私の感覚だと

 

インターネット、メール、動画を見るとかのライトな使い方だと

 

点数が5000点以上あれば大丈夫!

 

画像とか動画を制作するクリエイターだと

 

10000点以上あった方がいいなという感じです。

 

すごいいいサービスだと思いました!

 

使ってみてください。

 

ちなみにパソコンの性能/スペックは

 

CPUの他にもメモリ、ストレージ、グラフィックボードなどありますが

 

一番核となるものはCPUです。

 

以前にアップルのショップ店員さんが言ってました。

 

できるだけ良いCPUのパソコンが欲しいですね!

 

終わり!